育毛成分「エビネ蘭」とは?

育毛成分エビネ蘭とはエビネ蘭とは、日本国内や朝鮮半島などで広く生息しているラン科の植物で、白やピンク、オレンジなどさまざまなカラーの花を咲かせます。

「エビネランエキス」は、エビネ蘭の球根に含まれている成分で、「カラントサイド」や「グルコインディカン」、「トリプタリン」という3つの成分が含まれています。

これらの成分には、血流促進作用や解毒作用があり、エビネ蘭意外ではまだ発見されていない珍しい成分として注目されています。この成分は、第117年会日本薬学会で、肌につけると育毛効果があると発表されています。

現在では日本をはじめとし、世界13ヵ国で特許を取得しています。特に女性用の育毛剤のメイン成分として配合されており、頭皮に塗ることで効果を発揮します。

エビネ蘭の育毛効果とは?

エビネランエキスに含まれている3つの成分自体には育毛効果はありませんが、血行促進効果が期待できることから、育毛剤に配合されています。たとえば「カラントサイド」には、血行促進作用があるため、頭皮に栄養を行き渡らせ、毛母細胞を活性化させます

「グルコインディカン」は抗炎症作用があるので、抜け毛や薄毛の原因となる頭皮の炎症を抑える効果が期待できます。そして、「トリプタリン」にはフケやかゆみを抑制し改善させる効果があるので、頭皮環境に整えるサポートをします。

このようにエビネランエキスには、頭皮環境を整えて血行を促進するため、髪が育ちやすい環境を整え、育毛につながります

エビネランエキスが向いている人とは?

エビネランエキスは、毛母細胞が本来の力を発揮しやすいよう頭皮環境を整えるサポートをします。そのため、特に若い女性の抜け毛や薄毛に効果が出ることが多いと言われています。

なぜなら、若い世代の抜け毛や薄毛の原因は、生活習慣の乱れが関係した頭皮環境の悪化が原因となっているケースがほとんどです。エビネランエキスが配合された育毛剤を使用するなら、頭皮環境が正常に整い、効果を実感できるでしょう。

また、出産や病後など頭皮ケアを自分でできない方も、エビネランエキス配合の育毛剤を使ってケアする方法は有効であると考えられます。

しかし、加齢や更年期など女性ホルモンの減少が原因の抜け毛や薄毛の場合、エビネランエキスではケアしきれないことも考えられるので、有効成分が配合された育毛剤を同時に使用することをおすすめします。