髪にまとまりがなくなる原因とは?

髪のまとまりが悪くなった時にやることボリュームや弾力、ツヤのあった髪も、年齢とともに失われ、髪のまとまりが悪くなるなど髪質に変化が生じてきます。その主な原因は老化現象や女性ホルモンの減少、血行不良などが挙げられます。

特に40代を過ぎると頭皮の老化に伴い、健康な髪の毛を生成することが難しくなります。

そのため、白髪が増えたり、頭皮がべたつくなどさまざまな頭皮・ヘアトラブルを引き起こします。それに加え、髪の成長に欠かせない女性ホルモン・エストロゲンの分泌量が減少することも影響しています。

まとまりのある健康な髪にするには?

髪のまとまりが悪くなったということは、髪にコシやハリがなくなった、つまり、髪が弱くなったとも言えます。それは、髪の毛を育てる頭皮も状態もよくないことを意味します。そのためには、まず頭皮環境を整えるために、頭皮の血行を促すことが大切です。

血流の流れがよい状態では、健康な髪に欠かせない栄養素を毛根までしっかり届けられます。では、頭皮の血行を促すにはどのようにしたら良いのでしょうか?

その対策として、頭皮マッサージがあります。洗髪後のキレイになった頭皮をしっかりマッサージすると、血流がアップされるでしょう。

また、栄養バランスの整った食事を意識すること、適度な運動をすること、質の良い睡眠をとること、冷え性対策をすること、頭皮に優しくて安全なシャンプーを選ぶことなども頭皮環境の改善につながります。

それに加え、育毛剤を使うことで健康な髪へと導きます。

ハリとコシのあるまとまりのある髪へと改善させる育毛剤

育毛剤と聞くと、髪の毛を育成させるイメージを持つ方が多いことでしょう。しかし、育毛剤の主な働きは、頭皮の血行促進や栄養補給です。つまり、髪の毛を育てる土台・頭皮を健康な状態へと改善させることが育毛剤の主な役割です。

この働きは、まとまりやすいボリュームのある健康な髪の毛へと改善へと導くことも可能とします。最近は、女性専用の低刺激で無添加、無香料の育毛剤も増えています。髪のまとまりが悪くなってきた・・と感じている方は、この機会に育毛剤の利用を検討してみるのはどうでしょうか?

さまざまな育毛剤がありますが、今話題の育毛剤のひとつに「マイナチュレ」があります。頭皮や髪のトラブルで悩みを抱えている20代~60代までの多くの女性に支持されている人気の女性育毛剤です。

まずはマイナチュレの公式ホームページをチェックしてみましょう。