髪がパサパサになってしまう原因とは?

髪がパサパサするときにやること髪の毛もお肌同様、水分が不足するとパサパサしてきます。髪の毛自体が軽くなってしまうため、静電気の発生が増え、ブラシでとかすと髪の毛が広がってしまいます

一方、水分で潤っている髪の毛は、ツヤとハリのある健康な髪をしています。そのため、髪の毛の水分補給はとても重要です。また、髪の毛がパサパサするもう一つの理由は、カラーリングやパーマを繰り返し、キューティクルが剥がれ、髪の毛内部のタンパク質が流れてしまうことも考えられます。

さらに、加齢による影響で、髪の毛を作るタンパク質が低下してしまうことも考えられます。

髪がパサパサするときにやるヘアケアとは?

髪がパサパサしているようなときは、まずシャンプーを見直してみましょう。洗浄力の強いアルコール系のシャンプーは、洗い上がりはスッキリしていますが、本来必要とする油分や水分まで洗い流してしまう可能性があります。

したがって、頭皮や髪にやさしいシャンプーに変えてみましょう。また、健康な髪の毛が生えてくるように、頭皮環境を整えることも重要です。頭皮の毛穴をクレンジングし、毛穴の状態を改善されると、健康な髪の毛が生えてくるようになるでしょう。

髪がパサパサするときにやる頭皮ケアとは?

髪の毛を乾かしすぎると、髪の毛はパサパサになる傾向にあります。ドライヤーをかけるときは、髪の毛に近づけすぎないようにしましょう。また、毛先がパサパサにならないように、頭皮と髪の毛の根元を中心に乾かすことがポイントです。

ドライヤーをかける前に、水分を補給する洗い流さないタイプのトリートメントやツヤ出しトリートメントオイルなどを使用すると、髪の毛の表面が保護されツヤのある髪となります。

また、濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態なので、そのまま放置しておくと髪の内部の水分がどんどん蒸発してしまいます。そのため、自然乾燥は控えるようにしましょう。さらに、頭皮マッサージをすることは、髪の毛のパサパサの予防となります。

毛根は毛細血管とつながっているので、血行を良くすることで栄養が隅々まで届き、健康な髪の毛を育てられます。頭皮は顔の肌と1枚につながっているので、頭皮マッサージは顏のたるみ予防になり、アンチエイジング効果も期待できます

頭皮マッサージを毎日継続して行うことで、髪の毛のパサつき予防はもちろん、抜け毛や薄毛の予防ともなるでしょう。この機会に頭皮マッサージをはじめてみてはいかがでしょうか?