頭がかゆいのは頭皮が炎症を起こしているのかも!

頭がかゆい時にやるべきこと”最近、頭がかゆい・・”と感じたら、頭皮が炎症を起こしていることが考えられます。頭皮が炎症を起こすと髪が成長しにくいため、抜け毛や薄毛の原因となります。

炎症を治すためには病院を受診するという選択もありますが、自分でケアすることも可能です。自己ケアをすることは、かゆみなどの頭皮炎症が生じないように予防することにもつながります。では、頭がかゆい時にすべきことをみてみましょう。

頭皮を清潔にすること!

頭のかゆみを抑えるためには、頭皮を清潔に保つことがとても重要です。清潔と維持するためには、きれいに洗髪することと、その後、すぐに髪を乾かすことです。

シャンプーをする際には、シャンプーを使う前にシャワーで汚れを落とすことで、ほこりや皮脂などの汚れを落とせます。続いてシャンプーは手にとって泡立ててから、頭皮をもみ洗いしていきましょう。

力を入れてゴシゴシ洗うと頭皮を傷つけてしまうので、力加減には気を付けましょう。そして、シャワーで洗い残しがないようキレイに泡を落とすこともポイントです。洗髪後は、タオルで水気をとり、手早く乾かすように心がけましょう。

血行を良くすること!

頭皮の血行が悪いと、必要な栄養素が毛根までしっかり届いていないため、ダメージを受けてしまいがちです。かゆみを引き起こす炎症の直接原因ではありませんが、血行の循環を良くすることはさまざまなトラブルを改善へと導きます

しかし、頭皮の血行の状態を自分で把握することは難しいのは事実です。そこで血行の状態を見極める方法として、肩こりの状態をチェックしてみましょう。肩こりが生じていると、血行不良が生じている可能性があります。

なぜなら、心臓から頭へ届ける大切な血管が肩付近を通過するからです。頭皮マッサージも大切ですが、肩をマッサージして血流をよくすることも頭皮環境に大きな影響を与えます。

また、頭皮マッサージや肩マッサージなどは、血行が良い状態になっているお風呂に浸かっている間やお風呂から上がった後に実践するのがとても効果的です。是非、毎日のお風呂にマッサージを取り入れてみましょう。

それに加え、血流をよくするために、脂身が多く含まれた揚げ物やファーストフードなどは控えるようにし、野菜や魚中心の食生活へと見直すことも血流の改善につながります。