女性の髪に影響を与える加齢やホルモンバランスの乱れ

女性の抜け毛・薄毛の要因女性ホルモンに含まれているエストロゲンは、髪の生成や成長などに大きな影響を与えています。つまり、ホルモンバランスが崩れてしまうと、髪が正常に成長しなくなり、抜け毛へとつながります。

また、体内の女性ホルモンの量を減ることが、抜け毛や薄毛の要因となります。しかし、更年期に入ると、ホルモン分泌の量が減少するため、中高年になると少しづつ髪が細くなってきます。

特に40代をピークに髪が細くなっていき、ツヤが低下したり、ハリやコシが失われるなどの症状が現れるようになります。また、頭皮の保湿成分も減少してくるため、頭皮の乾燥やフケなども引き起こしてしまうことが増え、頭皮環境の悪化も要因となります。

生活習慣を見直そう!

普段の生活習慣も、抜け毛や薄毛の要因となります。それには食生活も関係しています。髪の毛は、いつも食べている食事から作られます。外食やお弁当、コンビニ食などばかりを食べていると、頭皮や皮脂や汚れが溜まることが増え、抜け毛の原因となります。

また栄養が偏った食生活は、髪に十分な栄養素が届かなくなり、髪の成長に影響を及ぼします。また睡眠不足も頭皮や髪と関係しています。

日中受けたダメージは、寝ている間に修復するため、もし十分な睡眠を確保されていないと、頭皮や髪が修復されないことになってしまいます。

それに加え、新しい髪を作る細胞も生成できず、抜け毛が進行してしまいます。したがって、生活習慣を見直し、抜け毛や薄毛対策をしましょう。

髪へのダメージも抜け毛や薄毛の原因に!

カラーリングやパーマなどで、ヘアアレンジを楽しんでいる女性も多いでしょう。しかし、カラーリングやパーマに含まれている薬剤は、髪や頭皮に刺激がとても強く、ダメージを与えてしまうので抜け毛や薄毛の要因となります。

もちろん個人差もありますが、薬剤で頭皮が荒れてしまうと、髪の成長に欠かせない細胞に悪影響を及ぼし、新しい髪が生えてくる前に抜け落ちてしまい、薄毛が進行してしまうこともあります。

また、紫外線による頭皮へのダメージも、さまざまなトラブルを招きます。抜け毛をはじめとし、フケ、かゆみ、髪のごわつきなどの症状が現れます。頭頂部は身体の中でも特に紫外線のダメージを受けやすい部位です。

したがって、日傘や帽子を使ったり、UVカットのトリートメントを使用することなどによって、頭皮をダメージから守り、抜け毛予防をされることをおすすめします。