育毛成分「酢酸DL-αートコフェロール」とは?

育毛成分酢酸DL‐α‐トコフェロールとは「酢酸DL-αートコフェロール」は、「トコフェリルリン酸ナトリウム」、「酢酸DL-αトコフェロール」、「ビタミンEリン酸ナトリウム」という別名でも呼ばれています。この成分はビタミンE誘導体のひとつで、抗酸化作用と抗炎症作用があることで知られています。

紫外線や食品などの影響で、体に活性酸素が発生すると体内の細胞が酸化してしまい、老化や肌トラブルの原因となります。しかし、酢酸DL‐α‐トコフェロールには、活性酸素を取り除く作用があるため、ニキビやくすみなどの肌トラブルや頭皮環境を整えるサポートをします。

そのため、女性用化粧品や育毛剤などに配合され、幅広く使用されています。

酢酸DL‐α‐トコフェロールの育毛効果とは?

酢酸DL‐α‐トコフェロールには、身体の代謝アップや血行を促進させる効果を期待できるので、頭皮環境を良好に整えることにもつながります。なぜなら、頭皮の血流が滞っていると頭皮が硬くなってしまうだけでなく、抜け毛や薄毛の原因になってしまうからです。

そこで頭皮の血行を促進させるようにすると、頭皮に必要な栄養素や酵素をしっかり届けられるようになり、育毛しやすい頭皮環境が整えられます。また、頭皮の余分な皮脂は、毛穴を詰まらせてしまい、抜け毛の原因となるのですが、酢酸DL‐α‐トコフェロールは頭皮を清潔に整えるサポートもします。

特に女性の薄毛の場合、ホルモンバランスの乱れやストレスなどが要因となり、頭皮に血行不良を招いているケースが多くありますが、酢酸DL‐α‐トコフェロールが配合された育毛剤を使用すると、加齢による抜け毛や薄毛改善の効果を期待できます。

酢酸DL‐α‐トコフェロールに副作用はあるの?

酢酸DL‐α‐トコフェロールには高い抗酸化作用や抗炎症作用があるので、頭皮を清潔な状態で維持する効果が期待できます。しかし、過剰摂取すると、副作用が生じてしまうこともあります。

主な症状は下痢、便秘、胃の不快感、頭痛、めまい、吐き気、目のかすみなどが挙げられます。育毛剤に配合されている酢酸DL‐α‐トコフェロールは適した量が配合されているので、特に副作用の心配はありません。

しかし、育毛剤の使用規定を守らずに使ってしまうと、副作用を招く危険性を高めてしまいます。したがって、当たり前のことですがメーカーで決められている使用法は、しっかり守りましょう。